令和6年「宇宙の日」記念行事 全国小・中学生作文絵画コンテスト 作品大募集! »

令和6年「宇宙の日」記念行事 全国小・中学生作文絵画コンテスト 作品大募集!

(C)Space Academy/ちょっくら月まで委員会2

宇宙の普及活動を末永く行おうと、一般公募され、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った9月12日が「宇宙の日」に選定されました。JAXA(宇宙航空研究開発機構)ではこれを記念して平成5年(1993年)から「宇宙の日」作文絵画コンテストを開催しています。

作文・絵画テーマ:「きみの考える宇宙ロボット!―宇宙に連れて行くきみの相棒―」

宇宙開発が発展し、宇宙がより身近になってきた今、きみたちが宇宙に行く日も近い将来にやってくるでしょう。宇宙での探査活動には人間を支えてくれるロボット技術が必要不可欠です。
もしもきみが宇宙での探査活動をしに宇宙へ旅立つとき、相棒になるかもしれない「宇宙ロボット」はどんなロボットでしょう?
キミが考える、ユニークな宇宙ロボットを紹介してください。

応募資格:全国の小・中学校に在籍している児童・生徒

応募締切:令和6年9月12日(木)必着

◆ 募集作品 ◆

〔作文の部〕
○ 題名自由 / 手書き400字詰め原稿用紙2枚から5枚以内

〔絵画の部〕
○ 手描き作品 / 四つ切画用紙(540mm × 380mm)サイズ以下/画材自由
※奥州宇宙遊学館へ応募する際のサイズです。

◆ 応募方法 ◆

① 作文・絵画(手描き作品)ともに、作品の裏面に必要事項を記入した応募用紙を貼り付けてください。

【または、住所・フリガナ/氏名・フリガナ/電話番号/学校名・フリガナ/学年/応募科学館名(奥州宇宙遊学館)/作品への思い(100字以内)〈*絵画の部のみ〉/メールアドレスをご記載ください】

② 作品を奥州宇宙遊学館へお持ちいただくか、遊学館宛てにお送りください。
※送料は、自己負担でお願いいたします。

【 コンテスト作品 応募用紙 】 

こちらから応募用紙をダウンロードできます。応募の際にお使いください。

「宇宙の日作文絵画コンテスト」チラシ・応募用紙(PDF形式ファイル)

・・・ 応募者の氏名等を記入して、作品の裏面に貼ってください。

団体応募者リスト用テンプレート(Excelファイル)

・・・ 学校やクラス等団体で応募される場合は、作品の裏面に貼る個別の応募用紙の他に、応募者リストを添付して下さい。

【 応募作品について 】

○すべての応募作品は、未発表のオリジナル作品に限ります。
○応募は、おひとりさま1作品とします。
○入選作品の著作権は主催者側に帰属します。入選作品の返却を希望する方は、遊学館あて連絡願います。希望がない場合返却されません。
○応募作品は、報道機関にて掲載させていただくことがあります。
○応募作品は、応募作品展(令和7年1月予定)開催後のご返却となります。

◆ 審査および各賞 ◆

奥州宇宙遊学館で最優秀賞・優秀賞・佳作を選定します。
また、イーハトーブ宇宙実践センター理事長賞、奥州宇宙遊学館館長賞、国立天文台水沢VLBI観測所所長賞など、当館独自の賞も設定しております。
さらに、各応募先の「最優秀賞」作品の中から、「宇宙の日作文・絵画コンテスト審査委員会」によりグランプリ・主催者賞などを選定します。

◆ 作品展示及び授賞式 ◆

令和7年1月4日(土)~31日(金)に、ご応募いただいた作品を遊学館内で展示する予定です。また授賞式は1月19日(日)に開催予定です。
(展示期間、授賞式の日程は変わる場合があります。)

◆ 作品送付先 ◆

〒023-0861 奥州市水沢星ガ丘町2番12号
奥州宇宙遊学館 「宇宙の日」作文絵画コンテスト係
開館時間9:00~17:00 休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
電話0197-24-2020

◆ 主催◆

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
公益財団法人日本宇宙少年団

◆ 外部リンク◆

「ファン!ファン!JAXA!」

令和6年「宇宙の日」記念行事 作文絵画コンテスト開催決定!

「宇宙の日」記念 全国小・中学生作文絵画コンテストギャラリー

「低緯度オーロラ」観測しました! »

奥州市水沢黒石で「低緯度オーロラ」観測しました!

5月11日(土)21時41分から12日(日)3時3分にかけて、ふだんより低い緯度でみられる「低緯度オーロラ」が観測されました!

国立天文台 太陽観測科学プロジェクトによると、日本時間5月11日10:22に太陽で大規模な「太陽フレア」と呼ばれる爆発現象が発生しました。
その影響で「低緯度オーロラ」が日本各地で観測されました。
この珍しい現象を、イーハトーブ宇宙実践センター副理事長の酒井栄さんが写真に収めました。
酒井さんによると
「時間が経過して低緯度オーロラの位置が左右に変化していくのが撮影していて分かりました。5cm双眼鏡で何とか低緯度オーロラが確認できた時は、とても感激して見ました。2台のカメラ(20mmF4.0/50mmF2.8)で撮影にかかり薄明まで約6時間観測することができました。」

なかなか遭遇できない現象をどうぞご覧ください。

撮影&写真提供
イーハトーブ宇宙実践センター
副理事長 酒井 栄  さん
撮影場所:奥州市水沢黒石町長田地内

「太陽フレア」の詳細情報については、
国立天文台 太陽観測科学プロジェクト
をご覧ください。