サイエンスカフェ 記事一覧

サイエンスの専門的なお話を、
コーヒーの香りに包まれてカフェ気分で聞くことができるのが
奥州宇宙遊学館のサイエンスカフェ。

そんなひと時を楽しみにいらしてください。

美味しいコーヒー・お菓子を準備してお待ちしてます!

今までのサイエンスカフェ 先生たちの講話

「講話」の★マークをクリックすると、サイエンスカフェの時のお話をちょっとだけ読むことができます。

Page タイトル 講師 講話
54 「胆沢扇状地の昔~どのようにして水路の傾きを決めたか、現代の科学技術から考えてみる~」 大江 昌嗣
(イーハトーブ宇宙実践センター 理事長、国立天文台名誉教授)
55 「サイエンスの舞台裏 ~研究を支える裏方の仕事~」 上野 祐治
(国立天文台水沢VLBI観測所 主任技術員)
56 「情報セキュリティ あれこれ」~怖い! 怖くない? セキュリティ脅威~ 高橋 賢
(国立天文台水沢VLBI観測所 特定技術職員)
57 日本の惑星探査計画(仮題) 松本 晃治(予定)
(国立天文台 RISE月惑星探査プロジェクト 准教授)
 ★

都合により、変更となりました。

サイエンスカフェ page.56「情報セキュリティ あれこれ」~怖い! 怖くない? セキュリティ脅威~ »

サイエンスカフェ page.56

「情報セキュリティ」というと構えてしまう人も多いかと思います。
情報機器があふれている今、専門家だけではなくひとりひとりが気を
つけないといけません。でも実はちょっとした知識があるだけで、
ある程度身を守ることもできます。情報セキュリティについて
ちょっとだけ勉強してみませんか?

日 時:2020年12月20日(日)15:00~16:00
場 所:奥州宇宙遊学館セミナー室
講 師:高橋 賢さん(国立天文台水沢VLBI観測所 特定技術職員)
定 員:20人(要申込)
参加料:300円(お菓子・コーヒー代)
申込み:11月26日(木)より受付いたします。ご希望の方は
­    奥州宇宙遊学館まで お電話【0197 (24) 2020】
­    にてお申込みください。窓口申込み可。
­    お申込みの際は、イベント名、お名前、参加人数、
­    電話番号をお知らせください。
主 催:奥州宇宙遊学館
協 力:国立天文台水沢VLBI観測所

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・マスク着用でご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
­     3密対策にご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。

終了しました! サイエンスカフェ page.55「サイエンスの舞台裏 ~研究を支える裏方の仕事~」 »

サイエンスカフェ page.55

「サイエンスの舞台裏 ~研究を支える裏方の仕事~」

華々しい科学成果は、報道で一般の方も目にする機会が多いと思いま
す。一方で、科学観測を実現する裏方の仕事はあまり知られていませ
ん。今回は望遠鏡の保守を題材に、天文台で働く技術系職員の仕事を
紹介します。皆さんが天文台に抱いているイメージよりずっと、身近
でイメージしやすい内容に、驚くかもしれません。

日 時:2020年10月18日(日)15:00~16:00
場 所:奥州宇宙遊学館セミナー室
講 師:上野 祐治さん(国立天文台水沢VLBI観測所 主任技術員)
定 員:20人(要申込)
参加料:300円(お菓子・コーヒー代)
申込み:9月20日(日)より受付いたします。ご希望の方は
­­    奥州宇宙遊学館まで お電話【0197 (24) 2020】
­    にてお申込みください。窓口申込み可。
­    お申込みの際は、イベント名、お名前、参加人数、
­­    電話番号をお知らせください。
主 催:奥州宇宙遊学館
協 力:国立天文台水沢VLBI観測所

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・マスクあるいは口を覆うものを身につけて、ご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止(三密)防止のため、
­     お客様同士の間隔を空けてご参加ください。

­    ・検温にご協力ください。

 


”追記”

サイエンスカフェ page.55「サイエンスの舞台裏 ~研究を支える裏方の仕事~」の様子

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

次回のサイエンスカフェは12月を予定しております。

後日、ホームページ「イベント情報」でご確認ください。

 

終了しました!サイエンスカフェ page.54「胆沢扇状地の昔~どのようにして水路の傾きを決めたか、現代の科学技術から考えてみる~」 »

サイエンスカフェ page.54
「胆沢扇状地の昔~どのようにして水路の傾きを決めたか、現代の科学技術から考えてみる~」
日時:2020年6月21日(日)14:00~15:00
場所:奥州宇宙遊学館セミナー室
講師:大江昌嗣
(イーハトーブ宇宙実践センター 理事長、国立天文台名誉教授)
定員:20人(要申込)

参加料:300円(お菓子・コーヒー代)
申込み:奥州宇宙遊学館まで お電話【0197 (24) 2020】またはメールにてお申込みください。窓口申込み可。
メールアドレス【 infoアットuchuyugakukan.com 】※アットを@に置き換えてください。
メールにてお申込みの際は、イベント名、お名前、参加人数、電話番号をお知らせください。

 


”追記”

サイエンスカフェ page.54「胆沢扇状地の昔~どのようにして水路の傾きを決めたか、現代の科学技術から考えてみる~」の様子

 

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

次回のサイエンスカフェは10月を予定しております。

後日、ホームページ「イベント情報」でご確認ください。

 

終了しました! サイエンスカフェ page.53「木村榮と若生康二郎~Z項の発見と解明にまつわる資料から~」 »

 

サイエンスカフェ page.53

「木村榮と若生康二郎~Z項の発見と解明にまつわる資料から~」

緯度観測所初代所長木村榮と田中館愛橘による水沢の候補地選定観測の記録や、木村が東京天文台時代に緯度観測した記録、またZ項元原稿などの資料から木村がどんなに並外れた観測者であったか、また長年解明されなかったZ項の解明に向けて、講師の上司であった若生康二郎が、どのように取り組んでいたかについてお話しいただきます。

 

講 師: 石川 利昭 さん
(国立天文台水沢VLBI観測所研究技師)

日 時: 20202月16日(日) 15001600

場 所: 奥州宇宙遊学館2Fセミナー室

定 員: 20名(要予約・先着順)

参加費: 300円(お菓子・コーヒー代として)

 


追記

サイエンスカフェ page.53の様子

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

次回は4月19日(日)15:00~開催予定です。

詳しくは、後ほどイベント情報をご確認ください。

 

 

 

 

終了しました! サイエンスカフェpage.52「国立天文台となって32年~緯度観測所の遺産と最先端の科学の融合~」 »

 

サイエンスカフェpage.52

「国立天文台となって32年

~緯度観測所の遺産と最先端の科学の融合~

国立天文台水沢VLBI観測所で行っている最先端の観測研究の多くは、緯度観測所で始まった国際共同観測、地球回転研究等が基礎となっています。それらの歴史をやさしく紐解きます。

 

講 師: 亀谷 收 氏

(国立天文台水沢VLBI観測所助教)

日 時: 2019年12月8日(日) 15:00~16:00

場 所: 奥州宇宙遊学館2Fセミナー室

定 員: 20名(要予約・先着順)

参加費: 300円(お菓子・コーヒー代として)

※ サイエンスカフェのみご参加のお客様は、入館料はいただきません。館内・シアターを見学をされる場合は、別途入館料が必要となります。

 


追記

サイエンスカフェpage.52の様子

 

 

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

次回のサイエンスカフェは2月16日(日)に開催します。

詳細は後ほどイベント情報をご覧ください。

終了しました! サイエンスカフェpage.51「緯度観測所の世界第一級の図書と宮沢賢治」 »

 

 

サイエンスカフェpage.51

「緯度観測所の世界第一級の図書と宮沢賢治」

古い図書、資料について、他の大学等にないもの、木村榮博士が
Z項発見、その後、解明に使った洋書など貴重な資料が、
天文台の図書室にあります。
これらの現物を紹介しながら、緯度観測所について紹介します。

講 師: 大江 昌嗣

(イーハトーブ宇宙実践センター理事長・国立天文台名誉教授)

日 時: 2019年10月20日(日) 15:00~16:00

場 所: 奥州宇宙遊学館2Fセミナー室

定 員: 20名(要予約・先着順)

参加費: 300円(お菓子・コーヒー代として)

※ サイエンスカフェのみご参加のお客様は、入館料はいただきません。館内・シアターを見学をされる場合は、別途入館料が必要となります。


サイエンスカフェpage.51の様子

 

大きな地球儀を用いて国際緯度観測所の場所を説明する大江先生

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの古い貴重な書物を実際に手に取って見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

次回のサイエンスカフェは12月8日(日)に開催します。

詳細は後ほどイベント情報をご覧ください。

 

 

 

 

 

終了しました!サイエンスカフェpage.50 「模型を使って見る、緯度観測、極運動、Z項」 »

サイエンスカフェpage.50

「模型を使って見る、緯度観測、極運動、Z項」

世界的に有名だけど、わかりにくい「木村栄のZ項」。
「緯度観測」や「極運動」とともに、
模型を使ってわかりやすく紹介します。

講 師: 花田 英夫

(奥州宇宙遊学館企画開発主幹)

日 時: 2019年6月16日(日) 15:00~16:00

場 所: 奥州宇宙遊学館2Fセミナー室

定 員: 20名(要予約・先着順)

参加費: 300円(お菓子・コーヒー代として)

※ サイエンスカフェのみご参加のお客様は、入館料はいただきません。館内・シアターを見学をされる場合は、別途入館料が必要となります。

 


サイエンスカフェpage.50の様子

分かったようで分からないZ項について
分かりやすく解説してもらいました。

地球の中が完全な個体ではなく金属などが溶けた流体の
核があることが複雑な動きへとつながっていました。

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

次回のサイエンスカフェpage.51は10月20日(日)開催予定です。
詳しくは後程イベント情報をご確認ください。

今までのサイエンスカフェ 先生たちの講話

「講話」の★マークをクリックすると、サイエンスカフェの時のお話をちょっとだけ読むことができます。

2020年
Page タイトル 講師 講話
54 「胆沢扇状地の昔~どのようにして水路の傾きを決めたか、現代の科学技術から考えてみる~」 大江 昌嗣
(イーハトーブ宇宙実践センター 理事長、国立天文台名誉教授)
55 「サイエンスの舞台裏 ~研究を支える裏方の仕事~」 上野 祐治
(国立天文台水沢VLBI観測所 主任技術員)
56 「情報セキュリティ あれこれ」~怖い! 怖くない? セキュリティ脅威~ 高橋 賢
(国立天文台水沢VLBI観測所 特定技術職員)
57 日本の惑星探査計画(仮題) 松本 晃治(予定)
(国立天文台 RISE月惑星探査プロジェクト 准教授)
 ★

都合により、変更となりました。

2019年
page タイトル 講師 講話
49 Zの街 奥州水沢と緯度観測所
~初代所長 木村 榮~
佐藤 一晶
(イーハトーブ宇宙実践センター 副理事長)
50

模型を使って見る、緯度観測、
極運動、Z項

花田 英夫
(奥州宇宙遊学館 企画開発主幹)
51 緯度観測所の世界第一級の図書と
宮沢賢治
大江 昌嗣
(イーハトーブ宇宙実践センター 理事長、
国立天文台名誉教授)
52 国立天文台となって32年
~緯度観測所の遺産と
最先端の科学の融合~
亀谷 収
(国立天文台水沢VLBI観測所 助教
53 木村榮と若生康二郎
~Z項の発見と
解明にまつわる資料から~
石川 利昭
(国立天文台水沢VLBI観測所 研究技師

 

2018年
Page タイトル 講師 講話
44 インターネットが大きく変えた社会
~ネットの歴史からイノシシ退治の罠、
小学校でのプログラミング、
働き方改革まで~
佐藤 克久
(前国立天文台水沢VLBI観測所 主任研究技師・工学博士)
45 天の川の中心には何がある?  酒井 大裕
(国立天文台水沢VLBI観測所 特任研究員)
46 電波写真の作り方 小山 友明
(国立天文台水沢VLBI観測所 特任専門員)
47 Z項のその後
~119年前の緯度観測の謎~
花田 英夫
(奥州宇宙遊学館 企画開発主幹)
48 「はやぶさ2」これまでの活躍 松本 晃治
(国立天文台 RISE月惑星探査検討室 准教授)

 

2017年
Page タイトル 講師 講話
40 岩手発!ブラックホールの観測 最前線 秦 和弘
(国立天文台水沢VLBI観測所 助教)
41  私が体験した東日本大震災 田村 良明
(国立天文台水沢VLBI観測所 助教)
42 銀河鉄道の夜
~VERAが測る天の川銀河10万光年~
坂井 伸行
(国立天文台水沢VLBI観測所 特任研究員)
43 月とZ項 花田 英夫
(国立天文台水沢VLBI観測所 月惑星探査検討室 准教授)
 

 

2016年
Page タイトル 講師 講話
36 雪って不思議だと思いませんか? 中東 重雄
(イーハトーブサイエンススクールリーダー)
37 宇宙と星の輪廻 元木 業人
(国立天文台水沢VLBI観測所 特任研究員)
38 太陽系外惑星はどうやってできるの? 押野 翔一
(国立天文台天文シミュレーションプロジェクト
専門研究職員)
39 私は今どこ?GPSカーナビへの歴史 佐藤 克久
(国立天文台水沢VLBI観測所 主任研究技師)