サイエンスカフェ page.58 「国立天文台水沢VLBI観測所 広報のお仕事 ~天文好きから観測所の広報担当への道~」 »

サイエンスカフェ page.58

「国立天文台水沢VLBI観測所 広報のお仕事~天文好きから観測所の広報担当への道~」

最新科学を広く伝える国立天文台水沢VLBI観測所の広報。
その仕事の見えるところ、見えないところをお見せします。
また、広報担当者 小澤 氏がこれまで歩んできた道を通して、
天文学にかかわるお仕事をご紹介します。

日 時:2021年6月20日(日)15:00~16:00
場 所:奥州宇宙遊学館セミナー室
講 師:小澤 友彦さん
­    (国立天文台水沢VLBI観測所 広報委員長)
定 員:20人(要申込)
参加料:300円(お菓子・コーヒー代)
申込み:ご希望の方は、お電話【0197 (24) 2020】にて
­    お申込みください。窓口申込み可。
­    お申込みの際は、イベント名、お名前、参加人数、
­    電話番号をお知らせください。
主 催:奥州宇宙遊学館
協 力:国立天文台水沢VLBI観測所

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・マスク着用でご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
­     3密対策にご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。

 

木星・土星の超接近(令和2年12月) »

令和2年12月21日(月)~22日(火)にかけて木星と土星が今期で最も接近しました。
12月27日(日)に望遠鏡で観測することが出来ましたのでどうぞご覧ください。
望遠鏡の視野の中に木星と土星が同時に見える事は大変珍しい事です。
また、1枚目写真には木星の衛星(ガリレオ衛星)も写っており貴重な1枚です。


1枚目「令和2年木星・土星の接近を撮影」
撮影日:2020年12月27日(日曜)17時7分25秒
撮影場所:酒井天体観測所(奥州市)
撮影者:酒井 栄氏(イーハトーブ宇宙実践センター理事)

 

2枚目「木星・土星の超接近を観測」
撮影日:2020年12月27日(日曜)17時9分47秒
撮影場所:酒井天体観測所(奥州市)
撮影者:酒井 栄氏(イーハトーブ宇宙実践センター理事)

木星と土星は約20年に一度、接近を繰り返しますが
今回ほどの接近は約397年ぶりの事で、
今回と同じ間隔の接近は60年後となる非常に珍しい現象です。
また、1月10日現在、木星と土星は、17時30分過ぎに西の空へ沈みますので
奥州市からの観察は難しい状況となっています。