2021年2月の記事一覧 記事一覧

『星よりも、遠くへ』上映 »

東日本大震災から10年 星とともに生き、歩もう。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北の人々にとっ
て忘れられない甚大な災害となりました。
­ 奥州宇宙遊学館では、この10年を振り返り、今後の防災に役立
てて貰うことや風化防止を目的に、仙台市天文台制作の震災特別
番組「星よりも、遠くへ」を上映いたします。(岩手初上映)
­ その他、震災によって大停電となった夜、奥州市内では、
沢山の星が輝いていました。そして、この夜に撮影された貴重な
天の川写真や、陸前高田市等県内で撮影された星空の写真も展示
いたします。­
この機会にご家族や大切な人とあの日を振り返り、災害の事を
話し合ってみませんか?

「星よりも、遠くへ」上映
日 時:令和3年3月6日(土)午前の部11:00~12:00
­          〃    午後の部15:00~16:00
­        3月11日(木)午後の部14:30~15:30
­    (3月11日のみ、14:46に黙とうを行います)
­    当番組は、平面スクリーンでの上映となります。
場 所:奥州宇宙遊学館セミナー室
定 員:各回20人(要申込)
参加料:無料
­   「会場」以外の施設見学を希望の場合は入館料が必要です。
申込受付:2月25日(木)より奥州宇宙遊学館まで
­    電話【0197 (24) 2020】にてお申込みください。
­    直接、窓口にて申込み可。お申込みの際は、
­    お名前、参加人数、電話番号をお知らせください。
主 催:奥州宇宙遊学館
クレジット:©仙台市天文台

「星よりも、遠くへ」について

「星よりも、遠くへ」は、仙台市天文台が2018年に制作しました。
クラウドファンディングによって制作資金を集め、誕生した作品です。
詳しくは、こちらをご覧ください。

外部リンク:仙台市天文台ホームページ「震災特別番組」

~ストーリー~
東日本大震災の夜、大停電の被災地を満天の星が照らしていた。
こんな星空を今まで見たことがない… 予想だにしない苦難とともに
被災者たちが見上げたのは、星空という名の「宇宙」だった―。
震災の星空と被災者たちとの繋がりを描いた「星空とともに」
の第二章となる、プラネタリウム版ドキュメンタリー作品。

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・マスク着用でご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
­     3密対策にご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。

春のミニ講演会 「情報セキュリティ あれこれ」~怖い! 怖くない? セキュリティ脅威~ »

春のミニ講演会

 「情報セキュリティー」というと構えてしまう人が多いかと思いま
す。情報機器があふれている今、専門家だけではなくひとりひとりが
気をつける必要があります。ちょっとした知識があるだけで、ある程
度身を守ることができます。セキュリティについて学び、自己を守る
知識を養いましょう。

日 時:2021年3月21日(日)15:00~16:00
場 所:奥州宇宙遊学館セミナー室
講 師:高橋 賢さん(国立天文台水沢VLBI観測所 特定技術職員)
定 員:20人(要申込)
参加料:入館料(大人200円、小人100円、幼児無料)
申込受付:3月1日(月)より奥州宇宙遊学館まで
­    電話【0197 (24) 2020】にてお申込みください。
­    直接、窓口にて申込み可。お申込みの際は、
­    お名前、参加人数、電話番号をお知らせください。
主 催:奥州宇宙遊学館
協 力:国立天文台水沢VLBI観測所

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・マスク着用でご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
­     3密対策にご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。

終了しました!2月サンデースクール「クマムシって何か知ってる⁈」 »

2月サンデースクール「クマムシって何か知ってる⁈」

クマムシは、世界で最も強い動物なんだって!
高温から低温まで、また宇宙でも生きていられる動物。
その正体を知ろう!!

日 時:令和3年2月28日(日)14時30分~15時30分

対 象:小学生以上 10人(低学年は保護者同伴)

会 場:奥州宇宙遊学館セミナー室

参加費:50円(材料代)

*別途入館料 大人200円・小学生~高校生100円必要です。

※参加希望の方は、電話にてお申し込み下さい。

 ※状況によっては中止となることがありますのでご了承ください。

【ご参加いただくみなさまにお願い】

・マスクあるいは口を覆うものを身につけて、ご参加ください。

・参加されるお子さんの体調に変化がある場合は参加をご遠慮ください。

第7回ワークショップ「自動運転で動く車のしくみ」 »

ワークショップ 「自動運転で動く車のしくみ」

LEGO社のロボット「EV3」を使い、自動運転の仕組みをテーマとし
たプログラミング体験を通して、物事を筋道立てて考え問題を解決
する能力を養います。さらに、今後広がっていく自動運転の未来につ
いても考えます。

内容は、タブレットで自動運転の操作をプログラミングして、命令を
ロボット車に送り、コースで走らせてみます。

本ワークショップは、日本科学未来館がこれまで開発・実施してきた
実験教室のノウハウや、ビー・エム・ダブリュー株式会社の自動運転
に関する技術や知識が活かされています。

日 時: 2021年3月7日(日)9:30~15:30

場 所: 奥州宇宙遊学館2階セミナー室

定 員: 8人(小学4年生以上)

参加費: 無料(要事前申込)

­   ※別途入館料(小人100円・大人200円)が必要になります。
­   ※お昼の休み時間を1時間取ります。お弁当をご持参ください。
­   ※使用した機器(EV3ロボット、タブレット)の持ち帰りはできません。

申込み: 参加希望の方はお電話【0197 (24) 2020】にてお申込みください。
­   窓口申込み可。

主 催: 奥州宇宙遊学館

協 力: 全国科学館連携協議会

協 賛: ビー・エム・ダブリュー株式会社

企画・制作: 日本科学未来館

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・マスク着用でご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
­     3密対策にご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。