2020年12月の記事一覧 記事一覧

年末年始休館のお知らせ »

年末年始にあたり、下記の期間休館とさせていただきます。

2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)

 

1月4日(月)9:00より通常通り開館いたします。

1月5日(火)は、休館日となります。

終了しました!「2021年1月星空観望会」 »

2021年1月星空観望会

日 程 令和3(2021)年1月9日 (土) 19時~20時30分

会 場 奥州宇宙遊学館セミナー室、駐車場
内 容 第1部:19時~19時40分
­    お話「2021年の天文現象の紹介」
­    イーハトーブ宇宙実践センター会員:新田 高行 氏

­    第2部:19時40分~20時30分
­    観望会「すばるの数をかぞえてみよう」
­    ※観望会は屋外で行いますので
­    暖かい服装にてお越しください。

参加費 無料

定 員 30名(要申込・先着順)

­   ※参加ご希望の方は、お電話【0197 (24) 2020】にて
­    お申込みください。窓口申込み可。
­    お申込みの際は、お名前、電話番号をお知らせください。

 

【参加いただく皆さまにお願い】

­    ・マスク着用でご参加ください。

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
­     3密対策にご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。

 

 

 

 

 

 

 


”追記”

〈1月星空観望会〉の様子

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

次回「2月星空観望会」は、2月13日(土)19:00~20:30

「星・空の写真やタイムラプスを紹介」です!

詳しくは後日HPをご確認ください!

終了しました!全国科学館連携協議会パネル巡回展 「こちら『はやぶさ2』運用室 »

小惑星探査機「はやぶさ2」のミッションを漫画でゆるりとご紹介。「はやぶさ2」の解説パネルつき。

ミッションを終え、地球への帰還を果たした小惑星探査機「はやぶさ2」の運用を漫画パネルで伝え、「はやぶさ2」が撮影した小惑星「リュウグウ」の観測画像も併せて紹介します。

また、「はやぶさ2」ペーパークラフトや折り紙のワークショップ(材料代徴収)、ぬりえ(無料)のコーナーも設けます。
*実施時間などは遊学館に直接お問い合わせください。

 

日時:令和2年12月18日(金)~令和3年1月10日(日)
­   9時~17時(火曜日休館)

場 所:奥州宇宙遊学館2F セミナー室

参加料:無料
­    別途、入館料(大人200円、小学生~高校生100円)が必要。

主 催:奥州宇宙遊学館

協 力:全国科学館連携協議会

企画・製作:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

『はやぶさ2』奥州市で観測されました!<12月25日追記しました!> »

12月6日(日)午前2時頃、岩手県奥州市において『はやぶさ2』の観測に成功しました!どうぞご覧ください!

<12月25日追記>

「はやぶさ2地球帰還(フライバイ)を観測」(左右同じ写真)
­  右画像①:2020年12月6日(日曜)午前1時54分15秒(11.1s)
­  右画像②:2020年12月6日(日曜)午前1時54分42秒(9.5s)
­  撮影場所:酒井天体観測所(奥州市)
­   撮影者:酒井 栄氏(イーハトーブ宇宙実践センター理事)

 

撮影者の酒井栄氏より観測時のコメントをいたきました。

­ 12月6日 予報位置に座標を入力して予報時間より約1分早めに
シャッターを前後6枚ほど撮影した中に「はやぶさ2」の軌跡が
写りました。
­ ①の54分15秒の画像は淡くて最初確認できませんでしたが
再度見直したところ写りこんでいました。
奥州市在住の國定俊男さんへお願いして画像処理をして2枚重ねて
移動が分かる画像にしました。右から左に移動しています。
この時間帯は、距離約1.8万kmで移動量が非常に早くなるので
約10秒でカメラのシャッターを切っていました。
約予報通りの位置でしたが慌てていたのか多少望遠鏡の向きが
ずれていましたが視野のはしに何とか写りとても嬉しい限りです。

____________________________

<12月7日記事>

<画像A>「はやぶさ2おかえりキャンペーン観測」
撮影日:2020年12月6日(日曜)午前1時54分42秒
撮影場所:酒井天体観測所(奥州市)
撮影者:酒井 栄氏(イーハトーブ宇宙実践センター理事)
※画面左下に軌跡が見えています。

<画像B>「はやぶさ2おかえりキャンペーン観測拡大」
撮影日:2020年12月6日(日曜)午前1時54分42秒
撮影場所:酒井天体観測所(奥州市)
撮影者:酒井 栄氏(イーハトーブ宇宙実践センター理事)

当日は肉眼で観測できる明るさには達しません。
(12月6日2時の東京からは11.2等星と大変暗い明るさでです)
当日は、カシオペヤ座付近に観測できるチャンスがありましたが
月齢20.5の月明りがあり、空の雲の流れが速かった事もあり
この観測は高度な技術を必要とします。

撮影者の酒井栄氏より観測時のコメントをいたきました。

「あいにく5日(土)は、午後7時過ぎから雨が降っておりましたが車で待機して
空を見上げておりました。
6日(日)の午前1時過ぎから晴れ間が見えてきたので望遠鏡をセットして
座標を時間と度で入力して通過位置に望遠鏡を向けてモニターを眺めて
おりました。月明りの中でカメラのモニターに星が見えると画像を確認しながら
露出時間を調整して撮影しました。何とか撮影出来てうれしかったです。」

観測についての詳細は、日本公開天文台協会(JAPOS)ホームページ
でも紹介されています。こちらもご覧ください。

2020年12月6日の【リュウグウ&「はやぶさ2」おかえり観測キャンペーン】

終了しました!ライブ配信「はやぶさ2 カプセル分離、地球離脱」 »

もうすぐ、はやぶさ2が地球へ帰って来る!!

日 時: 令和2(2020)年12月5日(土)
­     13:30~15:00
­     配信時刻により、若干時間調整をする場合
­     があります。

場 所: 奥州宇宙遊学館 2階セミナー室

参加費: 無料(別途、入館料が必要)

定 員: 30人(先着順、自由参加・解散)

内 容: JAXAライブ配信「はやぶさ2 カプセル分離、地球離脱」(視聴のみ)

     はやぶさ2は、12月5日(土)14~15時に小惑星リュウグウの砂などが
­     入ったとみられるカプセルを分離後、15~17時にかけ、はやぶさ2
­     本機は地球圏離脱のため軌道を変更する重要な局面をむかえます。
­     奥州宇宙遊学館では、そのミッションの様子をライブ配信(自由
­     参加・解散)形式にて中継いたします。
­      本イベントは、カプセル大気圏突入時の火球生中継ではありません。
­     予めご了承ください。

主 催:奥州宇宙遊学館

ホームページ画像:JAXA提供「はやぶさ2」カプセル分離・地球圏離脱運用のシーケンス

【ご参加いただくみなさまにお願い】

­    ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクを身につけて、ご参加ください。

­    ・3密対策へご協力ください。

­    ・検温にご協力ください。