2019年6月の記事一覧 記事一覧

第3回ワークショップ 「自動運転で動く車のしくみ」 »

ワークショップ

自動運転で動く車のしくみ

LEGO社のロボット「EV3」を使い、自動運転の仕組みをテーマとしたプログラミング体験を通して、物事を筋道立てて考えて問題を解決する能力を養います。さらに、今後広がっていく自動運転の未来についても考えます。

本ワークショップは、日本科学未来館がこれまで開発・実施してきた実験教室のノウハウや、ビー・エム・ダブリュー株式会社の自動運転に関する技術や知識が活かされています。

日 時: 2019年7月7日(日)9:30~15:30

     「自動運転ワークショップ」

タブレットで自動運転の操作をプログラミングをして、命令をロボット車に送り、
コースで走らせてみます。

場 所: 奥州宇宙遊学館2階セミナー室

定 員: 8組16人(子どもは小学4年生以上~。友達同士可)

参加費: 無料(要事前申込)

※ 別途入館料(小人100円・大人200円)が必要になります

※ お昼の休み時間を1時間取りますので、お弁当をご持参ください

※ 使用した機器(EV3ロボット、タブレット)の持ち帰りはできません

主催: 奥州宇宙遊学館   協力: 全国科学館連携協議会

協賛: ビー・エム・ダブリュー株式会社   企画・制作: 日本科学未来館

2019年6月サンデースクール »

空気がギュッ・空気がふわ~・これってどういうこと?

気圧が生み出す力を、実際に目で見て、身近にある気圧のことがらについて考えます。

①二つのくっついたボウルを、離せるか?
②アルミ缶・ペットボトルをつぶすのは、どんな力?
③高い山の上で、菓子袋がパンパンにふくれるのは、なぜだろう?
④気圧が低くなると、お湯が沸騰する温度(沸点)は、どうなりますか?

講師: 菅原 征一
(イーハトーブサイエンススクールリーダー)

日 時: 2019年6月23日(日) 14:30~15:30

場 所: 奥州宇宙遊学館2階セミナー室

対 象: 小学生(低学年は保護者同伴でお願いします)

定 員: 30名(要申込・先着順)

参加費: 無料
※ 別途入館料(大人200円・小人100円)が必要となります

 

第13回Z星研究調査隊~第16回サイエンスメイト~募集のお知らせ »

Z星研究調査隊は、岩手県内をはじめとする東北各県の
高校生を対象に行う国立天文台水沢VLBI観測所 VERA
水沢局20m電波望遠鏡を用いた電波観測による天文学
研究体験です。

日  程: 2019年8月6日(火)~8日(木)

場  所: 国立天文台水沢VLBI観測所 および 奥州宇宙遊学館

対  象: 東北各県の高校生(期間全日に参加できること)
※ 高校2年生レベルの数学や物理の内容が含まれます

定  員: 9名(応募多数の場合は書類選考)

参加料 : 6,500円(受付時支払)

応募締切: 2019年7月2日(火)必着(FAXまたはE-mail)

主  催: 岩手県高等学校文化連盟自然科学専門部
      国立天文台水沢VLBI観測所
      NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター

詳しくは

★第13回Z星研究調査隊ウェブサイト

までどうぞ!