2019年3月の記事一覧 記事一覧

2019年4月星空観望会 »

日 時: 4月13日(土) 19:00~20:30

場 所: 奥州宇宙遊学館2階セミナー室・玄関前広場

参加費: 無料
星座シートの作成:1枚50円

※ 曇天の場合には、プログラムを変更することがございます

※ 星空観望会は外で行います
  夜間は気温が下がりますので、暖かい服装でお越しください

 

☆画像をクリックすると大きく表示されます☆

 

◆第1部◆

春の星座の星座シートを作ってみよう

お話: 山田 慎也 さん
(イーハトーブ宇宙実践センター会員)

◆第2部◆

自分で作った星座シートで星座をみてみよう

 

終了しました!世界緑内障週間ライトアップinグリーン運動2019 »

世界緑内障週間

ライトアップinグリーン運動

名前は聞いたことがあるけれど、どんな病気なのかあまり知ら
ないという方も多い「緑内障」。
近年では、緑内障の診断と治療は格段に進歩しています。
早期に症状を発見し、適切な治療を行うことで、のちに重い障
害を残すことも少なくなっていくと考えられています。しかし、
この疾患は初期の自覚症状がほとんどないため、気づかないまま
放置してしまう場合が多いことが問題となっています。
そこで、1人でも多くの方に緑内障という疾患を知ってもらい、
早期発見へとつなげるために、国内のランドマークとなる施設を
グリーンにライトアップするイベントを行うことになりました。

~ 奥州宇宙遊学館のライトアップ ~

今年の世界緑内障週間は、3月10日(日)~16日(土)までです。
期間中、国立天文台水沢VLBI観測所の20m電波望遠鏡と奥州宇宙遊学館の建物を
グリーンにライトアップしています。

期間中は21:00まで門を開けています。
綺麗なグリーンにライトアップされた電波望遠鏡と遊学館をぜひお近くでご覧ください。

点灯日時:3月16日(土)まで 18:00~21:00

※ お車でお越しの方は、敷地内の駐車場に車をとめて見学してくださるよう、お願いいたします。

サイエンスカフェpage.48 »

サイエンスカフェPage.48

「『はやぶさ2』これまでの活躍」


講師: 国立天文台 RISE月惑星探査検討室 准教授 松本 晃治 氏

開催日: 2019年2月17日(日) 15:00~16:00

 

リュウグウへのタッチダウンを5日後に控えたタイミングで「はやぶさ2」について話す機会をいただきました。

最初に太陽系の成り立ち、惑星と小惑星の違い(小惑星は惑星の材料の生き残り)、地球に水や有機物を運んだ担い手が小惑星である可能性などを話し、直径約1kmのちっぽけなC型小惑星の探査とそこからのサンプルリターンが、惑星科学的にどのような意義を持つかを説明しました。

次に、探査機の概要、打上げからリュウグウ到着までの道のり、到着からターゲットマーカー投下までの探査のハイライトを、レーザ高度計チームメンバーとしての視点も交えながら話しました。

最後に、着陸運用と人工クレータを作るインパクタミッションの概要について説明しました。

 

関連記事

イベント記事:サイエンスカフェpage.48

 

平成30年度 奥州宇宙遊学館市民講演会 »

平成30年度 奥州宇宙遊学館 市民講演会

「緯度観測から天の川・ブラックホール研究まで
ー国立天文台水沢の120年ー」

講師:国立天文台水沢VLBI観測所 所長 本間 希樹 氏

 

日 時: 平成31年3月24日(日)14:00~15:30
               (開場13:30)

場 所: 奥州宇宙遊学館2階セミナー室

参加費: 無 料
(講演会の他に館内の見学をなさる場合は入館料
大人200円・小人100円がかかりますのでご了承ください)

定 員: 100名