サイエンスカフェpage.45「天の川の中心には何がある?」

サイエンスカフェPage.45

「天の川の中心には何がある?」


講師: 国立天文台水沢VLBI観測所 特任研究員 酒井 大裕

開催日: 2018年6月17日(日) 15:00~16:00

 

今回のサイエンスカフェでは、子供から大人まで馴染みの深い「天の川」、特にその中心付近で起こっている不思議な現象についてお話ししました。

 

私たちの目には川のように見えている天の川は、実は円盤状の渦巻き銀河をその内側から見ているもので、これには中心があります。そしてそれを電波を使って観測してみると、中心に腰を下ろしている巨大ブラックホールや「トルネード星雲」、「ぶたのしっぽ分子雲」といった奇妙な天体がたくさんあることがわかりました。

 

講演のなかでは、これらの天体がどのようにして出来たのかを最新の研究成果を交えながら紹介しました。終了後も多くの参加者の皆さんから質問をしていただき、興味を持って聞いていただけたことがわかり、研究者としては非常にうれしい限りです。

今回お話しした天体たちは、まさに研究が進んでいる最先端にいる天体たちです。近いうちに研究成果が発表されることもあると思いますのでお見逃しなく!

 

担当:酒井 大裕

 

関連記事

イベント記事:サイエンスカフェpage.45